top

The Manitowoc County Historical Society, formed in 1906, is one of the oldest historical societies in Wisconsin. It is also one of the earliest societies to become an affiliate of the State Historical Society of Wisconsin.

MCHS was organized for the discovery, collection, preservation and publication of historical records and data of and relating to Manitowoc County, that establish the growth and progress of population, wealth, education, arts, science, agriculture, manufacture, trade and commerce.

The first president was Judge Emil Baensch. Other founders were Ralph Plumb, Dr. W. G. Kemper, John Schuette, James S. Anderson and Fred Christiansen of Manitowoc; H. P. Hamilton and W. F. Nash of Two Rivers; and Dr. Louis Falge of Reedsville.

The Society continues through the efforts of a small, capable staff, and is dedicated to preserving and sharing local history, together with the financial support of individuals and businesses through memberships, special gifts and endowments.

The offices of the Manitowoc County Historical Society are located at the Heritage Center, 1701 Michigan Avenue, Manitowoc, Wisconsin. The society is a non-profit, tax exempt 501(c) 3 corporation.

Image Library

Every day we see our visiotrs explore our story. We invite you to explore the past through our museum and the many hands-on opportunities available. Follow the link to our Facebook page to view our photo albums of our sites, special events, and those who make our story possible.

Connect with the Manitowoc County Historical Society and become a part of our story. View images, watch vidoes and browse through our “Heritage News” Newsletter to discover more about us.

Video Library

Experience our sites, services, events and programs through our collection of videos that showcase our mission and how you can be a part of it. Follow the link to our You Tube channel and discover more about the Manitowoc County Historical Society and what makes us special.

“Heritage News”, MCHS Newsletters

A beneift of becoming a member of the Manitowoc County Historical Society is getting our quarterly newsletter, “Heritage News”, in your mailbox. View past issues of our newsletter here.

The Traveling Trunk contains a lesson plan and 16 items which would have been found in the home or one the farm in the 19th century. This hands on learning aid can be rented for up to 1 week and will enrich class units on Wisconsin history and early settlement.

The Building

Constructed in 1922 in the Collegiate Gothic architectural style, the Manitowoc County Heritage Center originally housed the Manitowoc County Rural Normal School. Training many rural one room school teachers, the school became the Manitowoc County Teacher’s Training College. After the college closed in 1971, the building was turned into the Manitowoc County Office Auxiliary. In 1998 the Manitowoc County Historical Society acquired the building and restored it to its 1922 appearance. Now home to the Society’s administrative offices, research library, exhibit galleries, Educational Learning Center and the Mirro Auditorium, the building offers a historical environment for the community to explore their extraordinary history.

Local History Exhibits

Explore local history with fascinating exhibits and displays. An extensive archaeology and Native American collection contains over 1,000 Native American artifacts and features a 300 year old canoe. Examine many different areas that have shaped Manitowoc County in “What Makes Us Who We Are.” The exhibit of the Flag of Company A shows the journey of a Civil War flag from Manitowoc to the Eastern battlefields. Imagine yourself sitting down to tea with one of Manitowoc County’s first pioneers in our Victorian Tea Parlor exhibit and view a sampling of Mirro made products in a Mirro Aluminum Company display. Along with our many permanent exhibits, the Heritage Center also hosts changing exhibits in the Niquette Changing Exhibit Gallery.

Research Services

Located in the Heritage Center, the MCHS Research Library contains the Manitowoc County Historical Society’s archival collection, including books on local and state history as well as manuscripts, maps and photographs.Because the library is staffed through volunteer effort, we strongly suggest that you make anappointment prior to your visit.

妊娠している女性は妊娠していない女性と同じ性的感染症(STD)に感染することができます。

一部の医師が日常これらのテストを実行しないので、妊娠中の女性は、性感染症について試験され得ることについて医師に依頼する必要があります。

妊娠中の女性は、性感染症に感染することはできますか?

妊娠している女性は妊娠していない女性と同じ性的感染症(STD)に感染することができます。

妊娠は女性や自分の赤ちゃんに感染症に対する追加の保護を提供していません。

多くの性感染症」は、サイレント」であるか、または症状がないので、女性が感染しているか分からない場合があります。

妊婦は妊娠中の彼女の医療の一環として、HIV(エイズを引き起こすウイルス)を含む、性感染症のためにテストする必要があります。

女性が妊娠している間感染した場合、STDの結果は、女性と彼女の赤ちゃんのために、より深刻な生命を脅かすことができます。

それは、女性が性感染症とどのように感染に対して自分と子供を保護するための有害な影響を認識することが重要です。感染した女性の性的パートナーも試験と扱われるべきです。

出典:検査キットの精度・・・性感染症は症状が自覚でき無いので検査をして病気かどうかを調べなければなりませんが、恥ずかしいという方は検査キットを利用すると良いでしょう。

どのように性感染症は、妊娠中の女性と彼女の赤ちゃんに影響を与えるのですか?

性感染症は、妊娠を複雑にすることができ、女性と彼女の開発赤ちゃんの両方に重大な影響を与えることがあります。

これらの問題のいくつかは、出生時に見ることができます。他の人は後に数ヶ月または数年まで発見されない場合があります。

また、それはよくSTDの感染は、それが簡単に人がHIVに感染した取得するために作ることが知られている。

母親が妊娠中に定期的な医療を受ける場合は、これらの問題のほとんどを防止することができます。

これは、妊娠初期に開始し、必要に応じて、近くに配信への反復性感染症のためのテストが含まれています。

ヒト免疫不全ウイルス

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、後天性免疫不全症候群またはAIDSを引き起こすウイルスです。

HIVは体内の戦いの病気を助けるために重要である特定の血液細胞を破壊します。

CDCの2011年のHIVサーベイランスデータによると、女性は米国で診 断されたHIV感染に住むすべての大人と青少年の25%占める。

HIVが母親から子供に渡す最も一般的な方法は、妊娠、分娩中、または授乳を介しています。

しかし、HIVは、妊娠前または中に診断され、適切な措置が取られる時に、母子感染のリスクは2%未満に低下させることができる。

HIV 検査はすべての妊婦に推奨されます。

早期で知っている母親彼女がHIV陽性であることを彼女の妊娠は彼女のヘルスケアプロバイダに相談し、彼女の健康と彼女の胎児のそれを保護するための効果的な方法を決定するために多くの時間を持っています。

梅毒

梅毒は、主に性感染症ですが、妊娠中に感染した母親が赤ちゃんに渡すことができます。

開発赤ちゃんに梅毒を渡すと、深刻な健康問題につながる可能性があります。

梅毒は、に関連している早産、死産出生直後と、場合によっては、死7。生き残る未処理の幼児は、脳、目、耳、心臓、皮膚、歯、および骨を含む複数の器官に問題を開発する傾向があります。

患者はリスクが高いと考えられている場合は梅毒のスクリーニングは、妊娠後期に彼らの最初の出生前の医療訪問の間に、すべての妊婦で実行され、繰り返されるべきです。

B型肝炎

B型肝炎B型肝炎ウイルス(HBV)によって引き起こされる肝臓の感染症です。

母親が妊娠中に赤ちゃんに感染を渡すことができます。彼女の赤ん坊にHBVを渡す感染母親のリスクは彼女が感染したときに応じて異なるが、母親が分娩時に感染近くなったとき、最大のリスクは発生し14になることも(最大90%)危険性が高い感染新生児慢性(生涯)HBVキャリア自身15。HBVに生涯感染している幼児は、その後の人生における慢性肝疾患や肝癌を発症するリスクがあります。

慢性HBV感染症を発症約4分の1の幼児は、最終的に慢性肝疾患で死亡する。

HBVの母子感染は、感染のために妊娠中の女性をスクリーニングし、出生直後に、リスクの乳児に治療を提供することによって防ぐことができます。

C型肝炎

C型肝炎は、 C型肝炎ウイルス(HCV)により引き起こされる肝臓感染症であり、妊娠中に感染した母親から彼女の子供に渡すことができます。

全体的に、感染した母親は赤ちゃんに時間の10%を感染を通過しますが、チャンスは、また、HIVに感染している女性などの特定のサブグループに高くなっている。

HCVの妊婦の定期的な検査が推奨されていません、しかし、それは注射薬の使用を含む、HCVにリンクされることが知られている危険因子を持っている個人のために考慮されるべきです。

いくつかの研究では、HCVに感染した女性から生まれた乳児はのために小さいことのリスクが高いことが示されている妊娠期間、時期尚早、となる。

HCVに感染した新生児は通常、症状を持っていない、と大多数が任意の医療の助けなしに感染をクリアします。

肝疾患は、C型肝炎に感染した子どもたちに、よりゆっくりと前進する傾向があり、彼らが大人に比べて治療にわずかに良い反応します。

クラミジア属

クラミジアは、米国で最も一般的な性行為感染菌である。

クラミジア感染症の大半は症状はありませんが、妊娠中の女性は、性別、またはかゆみ/排尿に燃えた後の出血、膣分泌物異常を有することができます。

未処理のクラミジア感染症には、妊娠中に問題に関連している早産、前期破水子宮内の赤ちゃんを囲む、および低出生体重5。赤ちゃんが産道を通過する際に新生児も配信中感染することがあります。

新生児(新生児)感染症は、眼および肺の感染症に主につながります。

すべての妊娠中の女性は、彼らの最初の出生前の訪問時にクラミジアのためにテストする必要があります。

妊娠後期で繰り返しテストは、リスクが高い女性のために行われるべきです。

淋病

淋病は、米国では一般的なSTDです。

妊娠中の未処理の淋菌感染はにリンクされている流産、早産や低出生体重、前期破水子宮内の赤ちゃんを囲む、そして妊娠中に赤ちゃんを囲む流体の感染6。幼児が産道を通過する際に淋病はまた、配送中に乳児に感染することができます。

未処理の場合、乳児は眼感染症を開発することができます。

淋病は、母親と赤ちゃんの両方に問題を引き起こす可能性がありますので、正確に、感染を識別する効果的な抗生物質で治療し、密接に感染が硬化されていることを確認するためにフォローアップすることが重要です。

細菌性膣炎

細菌性膣炎(BV)、妊娠可能年齢の女性では膣分泌物の一般的な原因は、膣内の「良い」と「悪い」細菌がバランスが崩れている状態です。

BVは、多くの場合、STDとされていますが、それは性的活動にリンクされています。

そこには症状がないかもしれないまたは女性は悪臭、魚、おりものを訴えることがあります。

妊娠中のBVを含む重篤な妊娠合併症にリンクされた前期破水子宮内の赤ちゃん、周囲の切迫早産、早産、出産後の母親の子宮の赤ちゃんだけでなく、感染を囲む流体の感染する。

細菌性膣炎のためのすべての妊婦のテストは現在推奨されていません。

しかし、早産のリスクが高い女性の間でテストおよび治療BVをサポートするためのいくつかの証拠がある。

新生児のBVの既知の直接の影響はありません。

トリコモナス症

寄生虫による膣感染症膣トリコモナスは、非常に一般的なSTDです。

症状は感染者の女性の間で広く変えることができます。

一部の女性は、何の症状を報告しませんが、他の人がかゆみ、悪臭、放電を訴える、とセックス後の出血。妊娠中の女性は、通常、感染についてスクリーニングされていません。

しかし、異常なおりものと妊娠中の女性はのために評価されるべき膣トリコモナス、適切に処理しました。

妊娠中の感染はにリンクされている時期尚早破水子宮内の赤ちゃんを囲んで、早産、および低出生体重乳児です。

まれに、女性の新生児は、配達時に産道を通過する際に感染を取得しておらず、出生後のおりものを持つことができます。

単純ヘルペスウイルス

単純ヘルペスウイルス(HSV)は、 2つのタイプ、HSV-1およびHSV-2を有するウイルスです。

新生児の感染のいずれかのタイプとすることができるが、ほとんどは、HSV-2によって引き起こされます。全体的に性器ヘルペスの症状が妊娠および非妊娠中の女性に似ています。

しかし、HSV感染に関する主要な関心事は、新生児の感染にリンクされている合併症に関するものです。

送信は、妊娠中や出産後に発生することがありますが、赤ちゃんは母親の感染した産道を通過する際に新生児のHSV感染の90%が発生する。

HSV感染は、母親の最初の発生が妊娠(第三期)における後期発生した場合は特に、新生児に非常に深刻な影響を持つことができます。

妊娠後期に初めて感染している女性は自分の赤ちゃんに感染するリスクが高いです。

帝王切開は、アクティブ性器ヘルペス病変または初期症状は、そのような外陰部の痛みやかゆみなどと労働のすべての女性のために推奨される。

ヒト乳頭腫ウイルス

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、最も一般的に子宮頸部(子宮の開口部)、膣、および外性器などの下部生殖管を伴うウイルスです。

性器疣贅を見ることができるHPV感染の症状であり、それらは、しばしば妊娠中数およびサイズの増加します。

生殖器疣贅は、多くの場合、火傷や痒み得るような小さなカリフラワー状の クラスタを表示されます。

女性は妊娠中の性器いぼを持っている場合、治療は出産後まで延期することができます。

大規模または広がった場合、生殖器疣贅は、膣の配信を複雑にすることができます。

産道をブロックしている大規模な性器いぼがある場合には、帝王切開を推奨することができます。

母親の感染は、新生児における喉頭乳頭腫症の開発にリンクすることができます。

これは癌ではありません喉頭(ボイスボックス)で稀成長である17。

妊娠中の女性は、性感染症のためにテストされるべきか?

スクリーニングと性感染症のための妊娠中の女性の治療は、他の感染症に起こる可能性があり、母親と赤ちゃんの両方に深刻な健康上の合併症を防止するための重要な方法です。

早く女性が妊娠中に医療ケアを受けて開始され、より良い健康アウトカムは、彼女自身と彼女のためになります胎児は。

疾病管理予防の2010年のSTD治療のガイドラインのためのセンターは、性感染症のために妊娠中の女性をスクリーニングすることをお勧めします1。CDCスクリーニング推奨事項は、以下の推奨事項に組み込まれます。

妊娠中の女性は、これらの感染症のためにテストされ得ることについて医師に依頼する必要があります。

これは、いくつかの医師が日常これらのテストを実行しないので、妊娠中の女性は、彼らが従事する彼らが経験している何の症状と任意の危険性の高い性行動を議論することも重要です。

女性が過去にテストされていたとしても、彼女が妊娠になったとき、彼女は再びテストする必要があります。

性感染症は、妊娠中に治療することはできますか?

このようなクラミジア、淋病、梅毒、トリコモナス症及びBVなどの性感染症には、すべての妊娠中に取ることが安全である抗生物質で治療し、硬化させることができます。

性器ヘルペス、B型肝炎、C型肝炎、またはHIVなどのウイルスによって引き起こされる感染症は、硬化させることができません。

しかし、場合によってはこれらの感染症は、赤ちゃんへの感染を渡すリスクを低減するための抗ウイルス薬または他の予防措置を用いて治療することができます。

女性が妊娠中または妊娠を考えているならば、彼女は彼女自身と彼女の赤ちゃんを保護するための措置をとることができるように、彼女はテストする必要があります。

どのように妊娠中の女性は、感染から身を守ることができますか?

ラテックス男性のコンドームは、一貫して正しく使用した場合、取得や性感染症とHIVを与えることのリスクを減らすことができます。

性感染症とHIVを回避するための最も確実な方法は、膣、肛門、とオーラルセックスを控えるしたり、テストされ、感染していないことが知られているパートナーとの長期的な相互一夫一婦の関係になることです。